ミニマリスト

ミニマリストが『貯金するために見直したこと』

こんにちは、Keyです
 
 
先日、「老後2000万問題」が世間で話題になっていました。
 
 
やはり、生きていくためにはお金が必要ですよね。毎月少しずつ貯金することが将来への不安も解消されていくと思います。
 
以前の僕は貯金が全く出来ていませんでした。クレジットカードの使いすぎて収入を上回る金額の請求がきてきたことも多々ありました。
 
 
ミニマリストになってからは毎月着実に貯金を出来るようになりました。
 
 
今回は僕が『貯金をするために見直したこと』について書いていきます。
 
 

収支を把握した

 
以前の僕は何にどのくらいお金を使ったのかわからずにいたので知らない間になくなっているという状態でした。
 
 
そこで利用したのが『マネーフォワード』という家計簿アプリ。
 
 
口座やカードなどの情報を登録すると、残高や支出を自動で反映してくれるんです!自動で家計簿も作ってくれるので便利ですよ。
 
 
まず、このアプリを使って自分が何にどのくらいお金を使っているのかを知り、見直しました。
 
 
 

固定費の見直し

 
まず毎月の固定費で大きいのが家賃スマホ代
 
 
以前は家賃が高かったので、今の家に引っ越しました。最初は初期費用がかなりかかってしまうので、悩みましたが、1年間くらい住めば元が取れることがわかったので引っ越しました。
 
 
例え、月に1万円の差でも年間12万円も違ってくるので大きいですよね。
 
 
次にスマホ代です。
 
 
以前は毎月1万円くらいかかっていましたが今は格安SIMに乗り換えたので2000円程度です。
 
 
約5分の1になりました!
 
 
年間96000円の差になりますね。
 
 
格安SIMは回線が遅いと言われていますが、僕はポケットWiFiを持っているので遅いと感じたことはないですね。
 
 
日本での普及率が約12%でまだまだ浸透していませんが、料金は安いのに使い勝手はあまり変わらないのでまだ使っていない方にはおすすめします。
 
 

不要なモノを手放す

 
モノは所有すればするほど、お金も減り、運気も下がっていくと言われています。
 
 
所有はコスト
 
 
例えば、使っていない洋服をずっと置いているだけでそのスペースにお金を払っていることになります。
 
 
お金を払っていると思うと、使っていないモノを持っているのもったいないと思いませんか?
 
 
 
僕は主に洋服と趣味のモノを売って引っ越しの初期費用にあてました。
 
 
不要なモノを売ればお金が入ってくるので臨時収入にもなります。そのお金を貯金に回すことも出来ますね。
 
 
使っていないモノは、売ることをおすすめします。自分にとって不要なモノは誰かにとって必要なモノかもしれません。
 
 

クレジットカードを使わない

 
支払いを後払いにするとどうしても甘えてしまうんです。
 
 
来月の「自分、頑張れ」と思ってしまいついつい使いすぎてしまうんですよね。
 
 
以前はいつもそう思い使いすぎていたので全く貯金はできなかったわけです。
 
 
今はメインを「デビットカード」にしていて、その口座に入っていないと買えないようになっています。
 
 
「デビットカード」を利用することで先払いになるので使いすぎを防ぐことができました。
 
 
 

まとめ

 
いががだったでしょうか?
 
 
老後に2000万円必要と言われている現代
 
 
今から少しずつ貯金していかなければそんな金額を貯めることが出来ません。
 
 
僕は今回紹介した方法で毎月確実に貯金することが出来ています。
 
 
是非、貯金出来ないと困っている方、浪費癖がある方など試してみて下さい。
 
 
 
 
それでは
ABOUT ME
Key
1992年生まれ。都内に住むミニマリスト。4.5畳一人暮らし。好きなモノに囲まれて毎日快適に過ごしてます。当ブログ『きーろぐ』の管理人。
RELATED POST
ツールバーへスキップ