ガジェット

2019年ミニマリストが買って良かったモノ『ガジェット編』

こんにちは、Keyです。
 
 
いよいよ数日で今年も終わってしまいますね。
 
 
ミニマリストになって約1年半が経ち、好きなモノはミニマルにせず、制限なく持ちたいと思うようになりました。
 
 
その中で今回取り上げるのが『ガジェット』
 
 
今年はたくさんのガジェットをアップデートをした年でした。
 
 
その中から買って良かったガジェットをご紹介していきたいと思います。
 
 

SONYα7III

元々Canon9000dを使っていたのですがフルサイズに乗り換えるタイミングで購入しました。
 
 
フルサイズなのに軽くオートフォーカスも早い
 
 
フォーカスエリアをワイドにしたときのスピードが早くて驚きました。
 
 
最近、動画も撮るようになったのですが写真も動画もこれ一台でいけちゃうんですよね。
 
 
本当に買って良かったカメラです。
 
 
 
 

TAMRON 28-75mm

 
TAMRON 28-75mmはポートレートはもちろん、風景、花、ブツ撮りなど様々な撮影シーンで活躍してくれるので、レンズを持ち運ぶ本数を減らせて身軽になれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重量も550gと軽くコンパクトで価格も9万円くらいで購入することができます。
 
実はこのレンズがあるからSONYにしました。
 
純正だと価格も2倍以上して重量も886gと重くなってしまうのでこちらをチョイスしました。
 
 

Leica Summarit 5cm f1.5

Schneider(シュナイダー)社が1932年に開発したハイスピードレンズ、Xenon(クセノン) 5cm F1.5から技術供与を受け、Leitz(ライツ)社初の大経口レンズとして発売されたレンズ。
 
 
ゴースト、ぐるぐるボケ、にじみに加え独特の柔らかさを持ったクセ玉です。
 
 
今年はカメラを買い換えたのでレンズもかなり購入したのですが、このレンズは1番気に入っていてよく使っています。
 
 
僕はポートレートを撮ることが多いのですが他のレンズでは出せないノスタルジックな描写をしてくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
個人的に開放のF1.5で撮るとよりぐるぐるボケやゴーストが出るので開放で撮ることが多いです。はっきり見せたいときはF4くらいまで絞って使っています。
 
 

iWALK

小型のモバイルバッテリー
 
 
 
 
リップや口紅サイズでコンパクトなのでいつもポケットにいれて出かけています。
 
 
 
 
ケーブルいらずで充電ができるのでかなり便利です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
iPhone Xなら1.3回分充電することができるので、これ1台持ち歩いておけば一日中スマホを使っていても困りません。
 
 
 
 
 
Lightning端末に対応しているのでiPhoneだけでなく、iPadやAirPodsも充電可能なので汎用性が高いアイテムです。
 
 

AirPods pro

旧AirPodsを手放し買い換えました。
 
 
買って日は浅いですがノイズキャンセリングの凄さを実感しています。
 
 
ノイズキャンセリングをすると一瞬で静寂の世界に移動したかのよう。ゾーンに入ったように集中することができ作業効率もぐーんと上がりました。
 
 
 
間違いなく今後の生活を豊かにしてくれるアイテム
 
 
 
人気でネットは在庫が切れていることが多いので直接店舗に足を運ぶのをおすすめします。
 
 
ABOUT ME
Key
1992年生まれ。都内に住むミニマリスト。4.5畳一人暮らし。好きなモノに囲まれて毎日快適に過ごしてます。当ブログ『きーろぐ』の管理人。
RELATED POST
ツールバーへスキップ