ミニマリスト

モノを減らしたい人は狭い部屋に引っ越した方がいい!『引っ越しの強制力』を使えば誰でも簡単にモノを減らすことができる

こんにちは、Keyです。
 
 
皆さんはモノを減らしたいけど、なかなか減らせないなんて経験はありませんか?
 
 
今回は狭い部屋に引っ越せば誰でも簡単にモノをことができるというお話しです。
 

引っ越しの強制力

 
なかなかモノを捨てられない人は狭い部屋に引っ越しをすればいいのです。
 
 
引っ越しはモノが多ければ多いほどお金がかかってしまいますよね。
 
 
お金をかけたくない→モノを減らす
 
 
という考えるようになります。
 
 
僕自身も引っ越しにお金がかかるのが嫌でモノを減らしてタクシーで引っ越ししましたよ。
 
 

狭い部屋に引っ越す理由

 
以前、僕は7畳くらいの広い部屋に住んでいました。
 
 
そのときはベッド、テーブル、ソファー、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電車レンジと色々なモノを置いていましたが、今では全てを手放し4.5畳の部屋に住んでいます。
 
 
 
4.5畳にこの量を置こうとしても絶対に無理なので手放しました。
 
 
狭い部屋に引っ越せば当然モノが置けるスペースが限られてきますよね?
 
 
自分にとって何が必要か見極める力がつき、必要なモノだけを置くことが出来るのです
 
 
 
全部手放しましたが毎日快適に暮らしてますよ
 

まとめ

 
狭い部屋に引っ越せば誰でも簡単にモノを減らすことが出来ますよね。
 
 
初期費用がかかってしまうとなかなか踏み出せない方もいると思いますが、狭い部屋の方が家賃や光熱費は安いので長い目で見れば簡単に取り戻せるのです!
 
 
 
僕自身、初期費用に25万円くらいかかり、月に家賃は約2万円、光熱費は半分になったので1年住めば元が取れるので引っ越しを決意しました。
 
 
 
狭い部屋に引っ越しをしようと悩んでいる方は一歩踏み出してみて下さい。
 
 
捨てることが出来ないなら環境を変えてみることをおすすめします。
 
 
 
それでは
 
 
 
 
ABOUT ME
Key
1992年生まれ。都内に住むミニマリスト。4.5畳一人暮らし。好きなモノに囲まれて毎日快適に過ごしてます。当ブログ『きーろぐ』の管理人。
RELATED POST
ツールバーへスキップ