ミニマリスト

ミニマリストが食事の定番化を実践してわかったメリット3選

こんにちは、Keyです。
 
 
毎日、何を食べるか考えるのが面倒じゃないですか?
 
 
ここで僕がやっているのが『食事の定番化』です!
 
 
本日は僕が食事の定番化をやってみて感じたメリットについてご紹介していきます。
 
 

僕の1日のメニュー

 
基本的に

 

 
バナナ2本
 
ナッツ
 
 
ブルーベリー
 
緑茶

自炊

 
 
という感じで
 
 
昼食を定番化
 
 
しています。
 
 
 

毎日好きなものを食べることができる

 
 
食事を定番化すれば毎日好きなものを食べることができますね。
 
 
僕は以前からバナナが好きだったので毎日食べることが出来てハッピーです。
 
 
バナナは何度もテレビで紹介されているように栄養価が高いのです。ビタミン、ミネラルが多く含まれていて、食物繊維もたっぷりなのです。
 
 
 

時間が増える

 
毎日「何食べよう」と考えるのはめんどくさくないですか?
 
僕は食への関心が薄いので毎日何食べるか考えることがめんどくさかったのです。
 
ある調査によると夕食を考える時間は平均20分にもなるそうです。
 
定番化していれば考える時間がないので好きなことに時間を使うことが出来ますよ
 
仕事のときの休憩時間をフルに有効活用できるのは大きいですね。
 

節約になる

 
定番化していれば食事にかかるコストもわかりますよね。
 
 
僕の場合バナナを3日間に1回、ナッツを2週間に1回、ブルーベリーを1週間に1回、緑茶を毎日購入するので1ヶ月で8000円くらいです。
 
お腹いっぱい食べていた頃は1000円くらい使うことが多く、昼食だけで1ヶ月で30000円くらいになっていたのでかなり節約になっていますね
 
 

まとめ

 
毎日同じものを食べて飽きないの?と言われることもありますが、好きなものを少量食べているので飽きないです。
 
 
先ほどの書きましたが食への関心が薄いので空腹を満たしてくれればオッケーなのです!
 
 
僕のように食への関心が薄い方や節約したい、時間がない方などにはおすすめですよ。
 
 
良かったら是非試してみてください。
 
 
 
それでは
 
 
 
 
 
 
 
 
ABOUT ME
Key
1992年生まれ。都内に住むミニマリスト。4.5畳一人暮らし。好きなモノに囲まれて毎日快適に過ごしてます。当ブログ『きーろぐ』の管理人。
RELATED POST
ツールバーへスキップ