ミニマリスト

ミニマリストが夏の終わりに手放したモノ

こんにちは、Keyです。
 
 
最近、朝、夜は気温が下がってきていよいよ夏の終わりって感じですね。
 
 
 
そこで今回は僕が夏の終わりに手放したモノについて書いていきます。
 
 

布団

 
一人暮らしを始めた頃から使っていており、寿命がきていたので買い替えました。
 
 
布団は粗大ゴミなのでハードルが高いのでなかなか捨てられずにいましたが、今回は『ジモティー』を利用して譲ることにしました。
 
 
自分にとって不要モノは誰かにとって必要なモノだったりするんですよね。
 
 
投稿後、すぐに連絡がきてその日やに取引をし、スピード感もありましたね。何より喜んで頂けたので嬉しかったです。
 
 

掛け布団カバー

 
先日、洗濯した際に色移りしてしまって泣く泣く手放しました。
 
 
無印良品で購入して気に入っていて、まだ半年程しか経っていなかったのでショックが大きかったです。
 
 
失敗から学ぶこともあるので今後、洗濯するときは気をつけたいと思います。
 
 

クルーネックTシャツ

 
去年、ユニクロで購入したクルーネックTシャツです。
 
 
去年から50回程着用していて、首元がよれてしまっていたので手放しました。
 
 
1000円で購入して50回程着用したので1回辺り20円なのでコスパ最高ですね。
 
 
 
気に入っているので、今年も同じモノを購入しました。定番品はトレンドに左右されず、ずっと着れるのが魅力ですよね。
 
 

まとめ

 
 
僕は自分が使っていないモノ、劣化しているモノはすぐに手放すようにしています。
 
 
『所有はコスト』です。
 
 
手放すときには「なぜこれを手放すのか」考えることと「感謝の気持ち」を忘れないことが大切だと思います。
 
 
皆さんの周りにも使っていないモノがきっとあるはずです。
 
 
まずを使っていないモノを手放してみてはいかがでしょうか?
 
 
それでは
 
 
 
ABOUT ME
Key
1992年生まれ。都内に住むミニマリスト。4.5畳一人暮らし。好きなモノに囲まれて毎日快適に過ごしてます。当ブログ『きーろぐ』の管理人。
RELATED POST
ツールバーへスキップ